ご依頼の前の注意事項

クリーニング後の不具合に関する補償

当店でクリーニングさせて頂いた事が原因で不具合等が生じました場合は大手他社も利用しています損害保険会社(AIG損害保険)より補償致します

補償の条件

【 補償対象内 】
1:電装部(基盤等)に水分が付着した等の理由による作動上の不具合
2:プラスチックパーツ脱着時の破損

エアコンプラスチックパーツ

※但しプラスチックパーツ(特に吹き出し口のルーバー※縦横の風向き切り替え羽やフィルター)に限り製造5年以上の機種は劣化が進行している事がございます為、補償対象外になります
※その様な理由から高年式や劣化が進んでいるものはできる限り分解せず対応する場合がございますのでご了承願います


【 補償対象外 】
1:長期間の利用や設置方法などの理由で、元々ドレンホース内に蓄積された汚れが詰まりかけている場合、洗浄による汚水が充分に排水されず室内機より水が滴る事があります それらの改善が不可能な場合は、補償対象外の為、お客様よりメーカーや取り付け工事業者等にドレン(排水)ホース及び本体の整備依頼をして頂く事になりますのでご了承願います

ドレンホース

2:劣化が進行したエアコンにクリーニング作業時の振動等が切っ掛けで不具合が発生した場合等もある為、経年による機器の金属疲労や部品の劣化等の間接的な原因などの場合も補償対象外となりますのでご了承願います

注:各メーカーにて修理対象部品の在庫があれば何年製でも修理対応可能ですが、廃盤により修理が不可能になった場合は、国税庁より定められたエアコンの耐用年数(家庭用エアコンは6年)を限度とした補償となりますのでご注意願います
参考サイト:国税庁 耐用年数表

※当店での補償対象はクリーニング後、1週間(7日)以内です
またクリーニングサービス料金は返金の対照ではございません

以上の内容を踏まえまして6年以上の機種はご納得の上、ご依頼をお願い致します

現状の不具合や不快な匂い等の改善に関して

エアコンの匂い

不具合(効きの悪さや異音等)及び不快な匂い等に関する事ですが、これらは様々な原因が考えられます 当店での洗浄によりそれらの点が改善されるとは限りませんのでご了承願います

特に匂いに関する事ですが、まれにエアコンクリーニングしても臭い、不快な匂いが再発する場合が御座います
そこで当店の経験と多くのお客様との対話から想定される原因を以下に記載します

【 原因1:新品のエアコンでも匂う
洗濯物の室内干しで発生する不快な匂いと同様にエアコン(冷房)作動時に発生する水分が空気中の雑菌と反応し同様の匂いが発生する事があり、新品のエアコンでもその様な匂いがするというケースを確認しています

【 原因2:ドレンパンに留まった排水から匂う 】
エアコン本体内部にあるドレンパンという水受けに溜まる排水が原因であるとも考えられます
短期間でも冷房を使用するとヌメリやカビなどが原因で異臭(雑巾やアンモニア等の匂い)が発生する場合があります
※例えますと梅雨時の浴室排水溝などのヌメリやカビの発生状況をイメージ下さい

【 原因3:ドレンホース内部より匂う 】
ドレンホース(室内機から外部に向かって排水する蛇腹型のホース)内部に汚れなどヌメリが発生しているとそこから匂いがあがる場合もございます
※この配管内部は当店では洗浄不可能です

以上の事から当店がエアコンクリーニングを実施することにより、汚れはもちろん不快な匂いも除去できる事は多々ありますが、稀に匂いは完全に除去出来ないこともあるとご理解頂けますと幸いです
※もちろん他社同様、これらに関する補償はございません

クリーニング時期について…

一般のご家庭でも同様ですが、特に店舗等ではエアコンがフル稼働されている時期はクリーニングを避けられる方が無難です
何故なら補償の対象はエアコン本体のみであり、営業補償(エアコンの修理等が完了するまでの間、営業を停止しなければならない場合)は補償の対象でないからです

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました
それではご検討の程、どうぞよろしくお願い致します