エアコンクリーニング ビフォーアフター

エアコン吹き出し口部分

aircon before1 aircon after1

aircon before2 aircon after2

特に汚れの影響を受ける箇所はこちらの吹き出し口ではないでしょうか。
奥を覗きこむと円筒状のファンがあり、複雑なハネ形状なのでほこりが絡みやすく、内部の湿気と混ざり合う事により、カビが発生し、やがて繁殖してゆきます。

エアコン内部熱交換器部分

airconB-A1

こちらの熱交換器(フィルターを外すとみえる空気の吸い込み口)はフィルターを通り越した細かいほこりと内部で発生する結露の水滴が交じり合う事により発生するカビ汚れが主になります。
最近では当たり前のLDK間取りですと、リビングとキッチンが同じ空間になりますので、リビングに設置されている殆どのエアコンはキッチンでの調理による油が入り込み、更に汚れを加速させてしまいます。
この様に薄い金属製の板が縦に何枚もあり、一枚一枚に汚れが付着すると、取り入れた空気を冷やすべく事がじゅうぶん機能しなくなり、性能に影響を与え効きが悪くなります。
特にリビングでは使用頻度も高く、定期的なメンテナンスが必要です。