エアコンのフィルター自動クリーニング機能(通称:お掃除ロボット)は有効か?

当店では毎日のように大阪でエアコンクリーニングを実施している中で、お客様とお話しすると気づくことが沢山あります。

以前よりよく見かける、フィルター自動クリーニング機能付きエアコンに関しまして、結論から挙げるとメリットはほとんど無いと考えています。

この「お掃除ロボット」の機能は各メーカーで基本的にほぼ同様であり、フィルター表面に溜まったホコリなどのごみをお掃除マウントのブラシが自動旋回し、擦り落としてくれるもので、今まで手動で行ってきたフィルターそのもののお掃除が不要もしくは簡易になるとお考えの方が多い様に思います。

ですが実際約1年間使用されたエアコン内部を見てみると、従来型に比べ非常に汚れが溜まっている事が多いのです。それではどういった汚れかと言いますと…
フィルターが完全に詰まり、本来フィルターを通り抜け、排出されるべき空気がフィルター以外の隙間からさまざまな箇所に侵入するため、意外なところまでホコリが詰まり、そこからカビが発生しています。
しかもフィルターをブラシで擦るので、フィルターを越して熱交換器(吸い込み口)奥までホコリが入り込んでいます。
filter-hokori2filter-hokori
何故、そういう事になるのか?

自動に任せるとこうなります。
フィルター表面につくホコリはドライではありません。
LDKのお部屋ならキッチンの油も吸い寄せます。
また、クーラー使用時のエアコン内部は湿気がこもり、フィルターにも水分が付着します。

そのようにフィルターに付着した、ベタ付いたホコリを自動のブラシで擦り、除去する事はできません。
単純に考えればフィルターは直ぐに詰まるので、そういった汚れは定期的に手動で除去しなければなりません。残念ながらメーカーの取説にも書かれていますが、それなら自動にする意味がありません。

また、このロボットマウントは複雑な構造なので湿気がこもりやすく、そこにも多くのカビが発生しています。
※従来型のエアコンは比較的シンプルな構造なのでここまでも汚れません。

では、ユーザーにとってお掃除ロボットのメリットって何でしょうか?
私は個人的には従来型の「フィルター自動クリーニング機能なし」を迷わず選択します。

ちなみに上記のエアコンクリーニングご依頼はこちら ⇒ エアコン(フィルター自動クリーニング機能付き)


お問合わせ