エアコンのフィルター自動クリーニング機能(通称:お掃除ロボット)はどこまで有効なのか?

当店では毎日のように大阪でエアコンクリーニングを実施している中でお客様とお話しすると気づくことが沢山あります

フィルター自動クリーニング機能付きのエアコンを実際に使用した多くのお客様のご意見と当店の経験から、フィルター自動クリーニング機能付きエアコンに関しまして、当店では少なからずデメリットがあると考えています

この「お掃除ロボット」の機能は各メーカーで基本的にほぼ同様であり、フィルター表面に溜まったホコリなどのごみをお掃除マウントのブラシが自動旋回し擦り落とすもので、今まで手動で行ってきたフィルターのお掃除が不要もしくは簡易になるとお考えの方が多い様に思います

ですが実際約1年以上使用されたエアコン内部を見てみると従来型(※自動お掃除機能なし)に比べ汚れが非常に溜まっている事が多いのです
それではどういった汚れかと言いますと…
フィルターが完全に詰まり、本来フィルターを通り抜け排出されるべき空気がフィルター以外の隙間からさまざまな箇所に侵入するため、意外なところまでホコリが詰まり、そこからカビが発生しています
しかもフィルターをブラシで擦るので、フィルターを越えて裏側の熱交換器(吸い込み口)奥までホコリが入り込んでいます

エアコン熱交換器

何故、そういう事になるのか?

ロボットにフィルターのお掃除全てを任せるとこうなります
フィルター表面につくホコリは必ずしもドライではありません
LDKのお部屋なら場合によりキッチンで調理中の油も吸い寄せます
また冷房使用時のエアコン内部は湿気がこもり、フィルターにも水分が付着することがあります

そのようにフィルターに付着し湿ったホコリを自動のブラシで擦り、完全に除去する事はできませんし、1か月も連続で使用するとホコリは直ぐに溜まるので定期的に自身で清掃しなければなりません 
確かにメーカーの取説でもその様に記載されていますが、それなら自動にするメリットがあまり感じられなく思います

また従来型と比べこのロボットマウントは構造上ホコリが溜まると熱交換器の風通しが悪くなり、湿気がこもるとカビが発生しやすくなります
※従来型(※自動お掃除機能なし)のエアコンは比較的シンプルな構造なので風通しが良いため、ここまでも汚れません

お客様により自動お掃除機能付きのエアコンを使用されます場合は、くれぐれもフィルターはご自身で小まめ(定期的)にお掃除して頂くことをおすすめします

ちなみに上記のエアコンクリーニングご依頼はこちら ⇒ エアコン(フィルター自動クリーニング機能付き)